社員食堂をリラックススペースにするレイアウトのヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


会社での昼休憩に社員食堂を利用するという方は多いのではないでしょうか。外食に比べ手頃で近いということから社員食堂は人気のランチスポットです。今回はサラリーマンの憩いの場社員食堂について書きたいと思います。

昼休憩は社員にとっては楽しみの一つではないでしょうか?短い昼休憩にも色々な過ごし方があると思います。外食に出かける方、最近増えている弁当持参の方、社員食堂を利用する方など会社や個人それぞれかと思います。

大手企業であれば社員食堂を設けているところが多いと思います。社員食堂はオフィスの憩いの場であり、お昼時はどこも混雑するかとおもいます。デスクが並ぶ執務スペースとは違い、リラックスできるレイアウトの社員食堂が多いようです。最近では非常に凝った、まるでおしゃれなカフェのようなレイアウトの社員食堂も増えてきています。
落ち着いた空間でリラックスした時間を取れる事は社員にとっては非常にうれしいことです。またリラックスした空間だからこそのコミュニケーションも増え、仕事にも良い影響を与えることも考えられます。

では社員食堂のレイアウトや家具はどういったものを選ぶといいのでしょうか。

■チェアはダイニングチェアを配置
ゆったりと座れる木製のダイニングチェアを配置することでリラックス感が増します。ダイニングチェアというと場所を取り、移動も不便な印象ですが、積み重ね可能なタイプを選ぶとスペースの有効活用が可能になります。また、木目は視覚的にリラックスさせる効果を持っているので社員食堂の様な休憩スペースにはおすすめです。
■コミュニケーションの取り易いテーブルを配置
それぞれを孤立させることや、横並びにすることができるようなテーブルを選ぶことで社員同士が人数に合わせて休憩できるスペースを設けることが可能になります。丸テーブルをチェアで囲むレイアウトもおススメです。できるかぎりレイアウト変更がしやすい家具を選ぶと良いと思います。
■雑貨で良質な空間に仕上げる
オフィスとは違う空間を演出する為に装飾を入れます。特におすすめなのが観葉植物等で緑を多く配置することです。緑は木目と同じく視覚的にリラックスさせる効果を持っています。湿度の調節にも活躍しますので実用的でもあります。

社員食堂は会社の立派な福利厚生の一つです。レイアウト一つで社員の満足度も大きく変わるでしょう。執務スペースだけでなく、社員食堂のような休憩スペースのレイアウトにもこだわることをおすすめします。